耳鼻咽喉科

4つの診療科のキメラ それでは、最後に紹介する診療科は「耳鼻咽喉科」です。 この耳鼻咽喉科も産婦人科と同じく、元々は別々だった診療科を一つにまとめることによって生まれた診療科となります。 耳鼻咽喉科は元々「耳科」「鼻科」 … [続きを読む]

整形外科

勘違いしやすい 恐らく、最も多くの人に仕事の内容を勘違いされているのが「整形外科」ではないでしょうか。 美容のための外科手術を行う場所だと勘違いしている人が多いのですが、整形外科は全くそのような性質を持っている診療科では … [続きを読む]

産婦人科

慢性的な人手不足 では次に、産婦人科について紹介します。 産婦人科は小児科と並んで、慢性的な人数不足に悩まされている診療科の一つです。 新しく医師を目指す人は、こういった人数不足の場所を目指してみるのも良いでしょう。 産 … [続きを読む]

呼吸器科

起動、声帯、肺などが含まれる 次に紹介するのは「呼吸器科」です。 内科の一種であり、特に呼吸器に関する病気を診療する診療科となります。 呼吸器というのは気道や声帯、肺などが含まれます。 これらの症状は悪化すると呼吸困難を … [続きを読む]

小児科

内科的要因を熟知する必要がある 次に紹介する診療科である「小児科」は診療の範囲が広いことで知られる科です。 対象となるのは子供全般であり、どこに症状が出ているのかにかかわらず子供の症状であれば小児科が見ることになります。 … [続きを読む]

皮膚科

老若男女が利用する 診療科として次に紹介するのは「皮膚科」です。 皮膚科は体表面に対して発生している症状に対処をする診療科であり、その部位は問いません。 例えば、皮膚に症状が発生しているのであれば、顔でも腕でもお腹でもお … [続きを読む]

歯科

別のカテゴリーに分類される 間違いなく医療現場の一つではあるものの、いわゆる「医師」とは別のカテゴリーに分類されるのが「歯科」です。 歯科は医師ではなく歯科医師という別の資格を持っている人が行うことになるため、医師ではで … [続きを読む]

眼科

年齢とともに衰える 診療科として次に紹介するのは、眼科です。 言うまでもなく目を対象にしている治療を行うのがこの診療科における仕事となります。 目は五感の一つであり、その中でも生活に対する寄与度の高い視覚を司っているもの … [続きを読む]

外科

様々な種類がある 内科と対になる診療科として語られる事が多いのが「外科」です。 外科も内科も、どちらも診療科の分類としては大きいもので、特定の分野を指しているものではありません。 いずれも「治療の方針」が分類の基準となっ … [続きを読む]

内科

最初の診断が大切 診療科の種類としてまず1つ目に紹介するのは「内科」です。 外科と対になる診療科として見られることが多いものの、実際問題どのようなものが内科で担当する病気になるのか、正確に把握している人は多くないのではな … [続きを読む]