皮膚科

老若男女が利用する

診療科として次に紹介するのは「皮膚科」です。
皮膚科は体表面に対して発生している症状に対処をする診療科であり、その部位は問いません。
例えば、皮膚に症状が発生しているのであれば、顔でも腕でもお腹でもお尻でも、皮膚科での治療対象となります。
皮膚は最も広く外部に接している部分であるためにトラブルが発生することも多く、老若男女が利用する可能性がある診療科となっています。

それでは、具体的にどのような症状が皮膚科での診療として考えられるでしょうか。
軽度なものから重度なものまで存在しています。

皮膚科の病気

ではまず、軽度なものから見てみましょう。
軽度なものとしては、日焼けが挙げられます。
日焼けというのもいわば火傷の一種であり、体質によっては焼けすぎてしまって痛みを生じることがあります。
皮膚科ではこういった軽い症状に対しても対処を行っています。

また、美容皮膚科というのも存在しており、こちらでは痛みの治療だけではなく見た目の回復や復元に対しても力を入れています。
例えば火傷による跡を残らないようにする、というような治療が行われることになります。
ただし、場合によっては保険外診療となるため、診療費が高額になることには注意しなければなりません。

重度な症状としては「皮膚がん」があげられるでしょう。
皮膚がんは長年に渡って紫外線を継続的に浴びたことなどが原因で発生する病気です。
最悪の場合皮膚が壊死を起こしたり、転移を起こすことによって死に至る可能性もあります。
発症する可能性は低いものの、おかしな症状が皮膚に発生している時には念のため注意をするようにしましょう。

これ以外にも、帯状疱疹や肝斑といったような、更年期以降の女性に発生しやすい症状にも皮膚科が対処します。
帯状疱疹はウィルスによって発生する神経感染症の一種であるため、進行度によっては別の診療科に回されることもあります。
肝斑は美容目的の治療であることから保険外診療となることが多いでしょう。