1. >
  2. >
  3. 呼吸器科

呼吸器科

起動、声帯、肺などが含まれる

次に紹介するのは「呼吸器科」です。
内科の一種であり、特に呼吸器に関する病気を診療する診療科となります。
呼吸器というのは気道や声帯、肺などが含まれます。
これらの症状は悪化すると呼吸困難を起こし重症化してしまう可能性があるため、慎重に診療しなければなりません。

それでは、呼吸器科に掛かる場合にはどのような症状であることが考えられるのでしょうか?
まずは、「咳や痰」がある場合です。
この場合、風邪や気管支炎、肺炎などの可能性があります。
初期はそれほどではなくとも、放っておくと重症化する可能性がある危険な病気をはらんでいます。

次に「発熱」がある場合です。
喉の病気で発熱が起こるのは、感染症であることが考えられます。
これは、喉の粘膜から感染して炎症を起こし、それに対応するために体温が上がっている状態となります。
インフルエンザなどの場合も呼吸器科で見てもらうことが可能です。

さらに、「胸痛」がある場合もあります。
胸に痛みがあり、かつ呼吸に問題が生じているという場合、肺に対して何か悪質な病気が発生している可能性があります。
代表的なものとしては胸膜炎や自然気胸などがあります。

呼吸器病の予防

それでは、呼吸器病の予防としてはどのような方法があるのでしょうか?
基本中の基本ではありますが「うがい」は非常に高い効果を発揮します。
感染症の場合、口から取り込んだものが喉に付着して粘膜を攻撃することで発症するため、感染する前にうがいで流すことが出来れば感染を防ぐことが出来るわけです。

さらに、アレルギー症状や喘息症状等がある場合、部屋を綺麗に保つことも重要なポイントの一つとなります。
ハウスダストが原因でこのような症状が発生していることも考えられるため、場所を移ると途端によくなることも少なくありません。
診療をしてもらい、療養をする場合の環境も考えるようにしましょう。