整形外科

勘違いしやすい

恐らく、最も多くの人に仕事の内容を勘違いされているのが「整形外科」ではないでしょうか。
美容のための外科手術を行う場所だと勘違いしている人が多いのですが、整形外科は全くそのような性質を持っている診療科ではありません。
キレイになりたいといった美容のための外科手術は「美容”形成”外科」で行われているものであり、整形外科ではないのです。
それでいて、そういった手術のことを「整形」と呼ぶこともあり、ややこしくなってしまっています。

閑話休題、それでは実際の整形外科というのはどのようなことをする診療科なのでしょうか?
整形外科は「身体の運動の回復を行う」のが主な仕事です。
それでは、より具体的な仕事内容について見てみましょう。

まず、骨や間接などに対して発生した外傷や疾患の治療を行うことになります。
例えば骨折や関節が外れてしまったような症状があった場合、これは整形外科が専門です。
骨を接合する治療も行うことが出来ます。

次に、靭帯や筋肉に対する外傷や疾患も治療の対象となります。
肉離れや靭帯断裂などの症状があった場合も整形外科で治療を行うことが出来ます。

もう一つ、脊髄や神経に対する外傷や疾患も専門の範囲内です。
白血病のような重篤な症状がある場合でも、診療を行うことが出来ます。
この他にも、リハビリを行ったり、腰痛や肩こりなどの治療をおこなったりすることもあります。

形成外科は?

それでは、整形外科と間違われる事が多い形成外科についても軽く紹介しておきます。
形成外科では、怪我や火傷のような、「外から見てわかる」症状について、体の形を変えることが仕事となります。
美容形成もその一種ではありますが、行っていない形成外科も多くあるため、そればかりだと思ってはいけません。
ガン治療などによって切除した部分の形成手術なども仕事の一つとなります。