1. >
  2. >
  3. 医学部に入るために親に手伝ってもらう事

医学部に入るために親に手伝ってもらう事

医学部への入学には、両親の協力も必要

医学部は大学受験の中でも、非常に難易度の高い学部です。
募集定員はどの大学でも少なめで、さらに問題が非常に難しいことから、合格点に到達するにはしっかりとした勉強量が必要です。

ただ、こうした勉強をするには、両親の協力も必要不可欠です。
医学部は受験生本人の努力だけではなく、親にサポートしてもらうことでより合格しやすくなります。
医学部を目指す場合、さまざまな面で助けてもらえるように、なるべく両親ともコミュニケーションをとっておきましょう。

医学部を目指す上で、両親にしてもらうと良いサポート

両親からサポートしてもらうと良いこととして、ひとつ目に「勉強環境を整えること」が挙げられます。
勉強を頑張ろうと思っても、環境が整っていないと集中することができず、途中で勉強をやめてしまいやすくなります。
両親にお願いして、部屋にエアコンをつけてもらったり、必要な参考書や問題集を買ってもらったりしましょう。
また、勉強机や椅子なども、必要に応じて購入してもらうと良いでしょう。

勉強机や椅子は、「とりあえずあれば何でも良い」と思うかもしれません。
しかし特に椅子は、勉強をするときの効率に大きな影響を与えます。
椅子の座り心地によって集中力が変わることはよくあるため、きちんと自分に合う椅子を選ぶことが大切なのです。

また、2つ目のサポートとして、「食事」が挙げられます。
栄養のある食事を日々摂ることは、しっかりと勉強を頑張る上でとても大切です。
普段から栄養の少ないお菓子やインスタントラーメンばかり食べていると、医学部を目指すような勉強ができない可能性があります。

普段からファーストフードばかり食べることで、医学部を目指すのに自分が体調を崩してしまうこともあります。
こうしたことを避けるために、なるべくお母さんに栄養のある食事をお願いすると良いでしょう。

入学してからの費用の準備も必要

3つ目のサポートとして、「入学してからの費用の準備」が挙げられます。
医学部へ入学することができた場合、その後は学費を支払う必要があります。
医学部は6年制であり、他学部よりも大きな費用が必要です。
国公立を目指す場合でも6年間で最低でも400万円ほどは必要となり、一人暮らしをする場合はより大きなお金が必要です。
私立大学の医学部へ進学する場合は6年間で1,000万円を超えることもよくあるため、前もって費用を準備しておく必要があります。

このように両親にサポートしてもらうことは、医学部合格のために「必要不可欠なこと」といえます。
両親はあなたを気にかけてくれているはずですが、必要があれば自分からも相談すると良いでしょう。
両親による適切なサポートがあれば、医学部への入学が大きく近づくはずです。