呼吸器科

起動、声帯、肺などが含まれる 次に紹介するのは「呼吸器科」です。 内科の一種であり、特に呼吸器に関する病気を診療する診療科となります。 呼吸器というのは気道や声帯、肺…

小児科

内科的要因を熟知する必要がある 次に紹介する診療科である「小児科」は診療の範囲が広いことで知られる科です。 対象となるのは子供全般であり、どこに症状が出ているのかにか…

皮膚科

老若男女が利用する 診療科として次に紹介するのは「皮膚科」です。 皮膚科は体表面に対して発生している症状に対処をする診療科であり、その部位は問いません。 例えば、皮膚…

歯科

別のカテゴリーに分類される 間違いなく医療現場の一つではあるものの、いわゆる「医師」とは別のカテゴリーに分類されるのが「歯科」です。 歯科は医師ではなく歯科医師という…

眼科

年齢とともに衰える 診療科として次に紹介するのは、眼科です。 言うまでもなく目を対象にしている治療を行うのがこの診療科における仕事となります。 目は五感の一つであり、…

医師免許について

免許がなければ働けない たくさん勉強をして医学部への入学を果たした後、そこから更に勉強を重ねて医学部を卒業することとなります。 しかし医学部を卒業したら、自動的に医師…

医師になる流れ

偏差値70前後 それでは、実際に医師を目指す場合、どのような流れをたどることになるのかについて紹介します。 まず、医師になるためのスタート地点となるのは、中学高校時代…

医学部の学費

国立と私立の金額の差 医者は稼ぎだすことができるお金が多い反面で、なるために掛かるお金も大きいのが特徴です。 必ず通わなければならない医学部の学費がこの費用を大きく圧…